噂の「永谷園 東海道五十三次」を調べてみました

ニュース

噂の「永谷園 東海道五十三次」を調べてみました
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

☆「東海道五拾三次」カード封入の始まりと終わり

64年前の1952年に発売した
「お茶づけ海苔」

現在は生産工程の大部分が機械化されているが、
50年ほど前までは人手をかけて生産を行っていた。

当時、商品の検査確認の意味で、
確認印を押した
無地の検印紙を封入していたが、
その検印紙を有効利用することにより

「お客様がご家族で日本文化・
芸術に興味をお持ちいただき、
文化普及の一助になれば」

との想いから、
伝統的・芸術的価値の高い絵画を
検印紙に印刷したのが始まり。

その後、

「東海道五拾三次」から徐々に種類を増やし、
「喜多川歌麿」
「東洲斎写楽」
「富嶽三十六景」
「ルノワール」
「ゴッホ・ゴーギャン」
「印象派(マネ、セザンヌ、ドガ、スーラ)」
「シルクロード・中国編」
「竹久夢二」
「日本の祭」
 の全10種類のシリーズとして展開。


 また、
 カードの応募券を規定の枚数で
応募すると1セット当たる
プレゼントキャンペーンを同時に実施し、
キャンペーンの累計応募数は約500万口に。
とても反響が大きく、
永谷園の名物企画として約30年続きました。

今年20年ぶりに復活します

出典 http://cdn.narinari.com

出典 http://cdn.narinari.com

出典 http://www.narinari.com

出典 http://www.hochi.co.jp

1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • サイト紹介

関連記事

マルチソーシャルビューアープレゼントします

タグ

月別アーカイブ